Takeroku


杉無垢竹入平角竿縁(後付施工タイプ)施工要領
     
   
  手順1.プランツボード(各種)を、写真の様に隙間なく下地に貼り付けて下さい。  
     
   
  手順2.竿縁がジョイント部よりずれないように注意して、写真の様に皿ビス等で固定して下さい。(その際、ビスをしっかり中まで入れ込み、頭部分が出ないように注意して下さい。(後入れの竹が綺麗に納まらなく、外れる要因となります。)  
     
   
  手順3.竿縁の取り付けが完了後、写真の様に竹の裏面に接着剤を塗布して下さい。(塗布量が多すぎると、竹を入れ込んだ時に表面に溢れ出る事がありますので注意して下さい。)  
     
   
  手順4.接着剤塗布後、写真の様に取り付けた竿縁にきっちりと竹を入れ込んで下さい。(竹がしっかり入り込まない時は、竹を傷付けない様に注意して軽く下から叩き、溝にしっかり納まっているか確認して下さい。)  
     
   
  手順5.接着剤が乾いたら、完成です。  
     
※商品の詳細につきましては、お気軽にお問い合せ下さい。→TEL.0748-45-0231