Takeroku


店舗 手摺り

 

本煤竹(ほんすすだけ)
 
囲炉裏の自在鈎
 

商品名:A-020-20 本煤竹(ほんすすだけ)


和菓子店の階段部分の手摺と、お客様が寛がれる囲炉裏の自在鈎として採用していただきました。
「本煤竹」は、昔ながらの茅葺き住宅の屋根に使われていたものです。
建築時、藪で切ったままの青竹が屋根の構造材として使用され、
約100年以上もの歳月に亘る釜戸の煮炊きで燃やした藁や薪の煤が、
青竹の表面に繰り返し付着し、光沢のある煤色に変わった逸品です。
とりわけ、掲載させていただいた2本は、径が太く割れもないかなり稀な高級品です。

 

竹の種類・サイズにより加工ができない場合がございますので、ご面倒ですがその都度お問い合わせ下さい。
製品の色は、実際の色とは多少異なります。予めご了承下さい。
店内1 店内2 店内3