Takeroku

柾割加工
柾割加工
丸竹を、目標とする厚みになるように水平に切り落とす加工です。
竹の持つ本来のタテ直線に節目のヨコ線が組み合わされ、その自然のリズミカルな線の美しさが独特の雰囲気を醸し出します。→■施工一例

サンダー仕上げ後
サンダー仕上げ前
晒竹柾割(両面サンダー仕上)
品番 規格寸法 価格/本
長さ×幅(mm)
A-050-01 L1950×W24∼30 3,650
A-050-02 L1950×W31∼37 4,200
A-050-03 L1950×W38∼44 5,000
A-050-04 L1950×W45∼51 5,850
A-050-05 L1950×W52∼60 8,000
A-050-06 L1950×W61∼69 9,650
A-050-07 L1950×W70∼78 10,850
A-050-11 L2950×W24∼30 4,650
A-050-12 L2950×W31∼37 6,800
A-050-13 L2950×W38∼44 8,000
A-050-14 L2950×W45∼51 9,400
A-050-15 L2950×W52∼60 13,400
A-050-16 L2950×W61∼69 16,250
A-050-17 L2950×W70∼78 18,500
  晒竹柾割(片面サンダー仕上)
品番 規格寸法 価格/本
長さ×幅(mm)
A-050-21 L1950×W24∼30 3,400
A-050-22 L1950×W31∼37 3,900
A-050-23 L1950×W38∼44 4,550
A-050-24 L1950×W45∼51 5,350
A-050-25 L1950×W52∼60 7,400
A-050-26 L1950×W61∼69 9,000
A-050-27 L1950×W70∼78 10,150
A-050-31 L2950×W24∼30 4,250
A-050-32 L2950×W31∼37 6,350
A-050-33 L2950×W38∼44 7,500
A-050-34 L2950×W45∼51 8,800
A-050-35 L2950×W52∼60 12,750
A-050-36 L2950×W61∼69 15,550
A-050-37 L2950×W70∼78 17,650
竹の種類・サイズにより加工ができない場合がございますので、ご面倒ですがその都度お問い合わせ下さい。
製品の色は、実際の色とは多少異なります。予めご了承下さい。